叶う瞬間はごく平凡

ずっと結婚したがっていた、昭和なアラサーOLの話。

盗まれたアイデアの商品が堂々とゴールデンゾーンの中央に並んでいた話

今日、取引先のお店に行くとわたしのデザインをパクった商品が、堂々とお店の一番いいとこに並んでた。
腹わた煮えくりかえりそうになりながら、銀座線に乗った。


ここ数日、わたしのモチベをぽっきり折る出来事が多発してる。
「プライベートでの悩みが減ったから進歩した方だ」とも思うけれど、
サラリーであるわたしは一週間の大半の時間を労働に費やすわけなので、
そこが膿んでくるとしんどい。

心を荒ませるのは、自分の大切なものを平気でもってかれたから。


信頼するお客さん


半年前、信頼しているお客さんに、自社の新商品をリリース前にお披露目した。
わたしは商品企画とそのデザインをするお仕事をしていて、
全社的にも「これはいける!」と思う商品が生まれたので、
贔屓してるアパレル系雑貨店に見せたのだ。

そこは全国15店舗以上展開しているし、
「取り扱ってもらえば、イメージアップになるから」といういつもの会社の作戦。

でも、ちがった。

そこはアイデアとデザインを奪っていった。
わたしたちが提案したよりも安く、安直に、利益をとれる構造で販売した。
社名を大声で言いたいけど言えない。

 

会社の対応


会社に申し立てもした。
「たくさん買ってもらってるし、今後は注意だね。
特に注意喚起はできないね。
でも、うちのほうが良いし、このパクリデザインはダサいじゃん」

……そんなことを、言って欲しかったんじゃない!

わたしは一緒に怒って欲しかった。
わたしたちの、誇りを持って売ってた商品でしょう…?


わたしが甘ちょろすぎるのか。
ビジネスの場は、もっと殺伐としてるのか。
「おきゃくさんに喜んでもらえるように」って気持ちが「利用された」ってかんじる
被害妄想思考なら、やめちまえよ、わたし。

 

デザイナーとして恥ずかしくないの?

もいっこ疑問に思う。
真似した人たちは、
恥ずかしくないのか。
絵を描いたデザイナーも、真似してて「アレ?」って思わないのか。
外注じゃないでしょ? デザインパクってより安いところに発注するくらいだから、
社内のデザイナーに真似させるわな。

 

まったく影響を受けずに物をつくるのは難しい

資料を見て、多少アレンジしてモノは生まれる。そんなのわかってる。
でも今回はタイミングが異常じゃないか。

どうしてもやった側の気持ちがわからない。
「提案されて、温めて、半年後にパクリ品を、そこより先に出す」なんて、
そんな売り上げを追いかけただけの仕事をして、
なにがいいの?


そうなってくるともう、
やる気が出ない。

なにやったって「おいしいとこだけ搾取されて、一生下請け」のままの未来が待ってる気がしてしまう。
依頼する側にも人情とかプライドが無いなら、もうなんも信じられないし、
100%全力で気持ちを入れて ものづくりをする気になんてならない。

ひどすぎる。


いろんなことに腹が立ってくる

「フェイク豊かな生活」が多すぎへんか?
大量生産型でSS(スプリング、サマー),AW(オータム、ウィンター)で商品企画し、
流行に合わせて新作を出してはセールにかけて、大量に廃棄する。
「何トントラック」の単位で。


それが嫌でアパレルをやめた(新卒でアパレルにいた。)のに、
結局アパレルにアイデア盗まれたのは、警戒心の欠如甚だしいじゃないか。


「マネされるってのは光栄なことだよ」なんてそれは力関係がこっちが上の時だけでしょ?

 

マネされた人にしかわからない

この気持ちは「マネされたことがあって、わたしみたいに人間として熟してない人」にしかわからない。
全然光栄だなんて思わないし許せないしそれで儲けてるのが許せない。
くたばりやがれ、と思う。

家に着いて、
部屋着に着替えようとして洗濯機のまえで服を脱いだら涙が止まらなくなった。
外に出るときは精一杯のガマンして、この事故の不機嫌を振りまかないようにしてるから。
怒りを服にたくして投げ入れた。

 

 


「ばかにしやがって!!!!!ふざけんなよ!!!!」

 

 

 

それでも明日も服を着て、会社に行く。

 

f:id:mi-anna:20180607210644j:image