叶う瞬間はごく平凡

ずっと結婚したがっていた、昭和なアラサーOLの話。

女友だちが結婚・妊娠するとブルーになるのはきっと「青春ロス」

お題「わたしの宝物」

f:id:hoshisarami:20210412001705j:image
ワンシーズン1回は遊んだり、

遠方でも帰省するタイミングで年一で会う女友だち。

 


久々に会っても昨日会ってたみたいに、

恋とマイブームと最近ムカついたことの話をして、わーわー騒いで美味しいものを食べて解散する。わたしの宝物。

 


30代になると、そんな女友達から

次々に妊娠・出産を知らされる。

そもそも結婚した友人とは、会う頻度が減るので、

半年ぶりに話そうもんなら「今6ヶ月で」なんてことはコロナ禍の今、ざら。

 


耐性もついてきて、

自分も大人になり、さすがにもう、人と比べて「どうしてわたしは?」と悩んだりしない。子どもができることが全てでもない。

 


ただ、友だちの妊娠を「おめでとう!!」「わぁ!見たい!」とその瞬間は大はしゃぎするけど、

夜になると

「もうしばらく遊べないじゃんかー!」と、

小学生のように身勝手なことを思ってしまう!未熟者はそう!わたし!

 

 

 

それはじわじわやってくる。

聞かされた時は満面の笑みで「おめでたいねー!」と言える。

でもひと寝かせすると

「徹夜してデザインを仕上げた大学時代の6畳一間」とかを思い出す。

f:id:hoshisarami:20210412001716j:image

次々に思い出す。
就職したての頃、

仕事の悩みを深夜1時過ぎまで打ちあけ合ったサイゼリヤのジャンクなメニュー。

 


「久々に温泉でも行こう!」と計画したのに

台風で運休になったサンダーバード

予定変更でスパ付きの京都のホテルにこもった夜。スーパーでお惣菜を買い込んで、部屋であいみょんのプロモごっこしたなぁ。

スパから外の景色を見たら暴風雨ですごくて笑った。

 

f:id:hoshisarami:20210412001723j:image
翌日、快晴の錦市場で食べた、きなこソフト。

 

 

 

そのときは当たりまえのように集合して、わーきゃーしてた。これがあと2、3年続くと思っていた。

 


「結婚する」「子どもを産む」と聞くと、

さすがにもう、台風の日にみんなでホテルに籠ることはないだろう。

 

 

 

「なんで友だちのお祝いごとなのに、ブルーになるの?」とずっと自己嫌悪してた。

 


わたし、友だちが好きすぎるのだと思う。

きもちわるいことに。友だちにも別の友だちがいるのは知ってる。

でも、どうも自分にとっての青春時代を一緒に過ごした友人が、大人になるステップを踏むとしばらくしょんぼりしてしまう。

 


これ、多分そんなに重いことでもない。

おそらく、卒業式の日とか、転職する最後の日とか、

なんなら

あまちゃん(2013)』が終わったときに「あまロス」って騒がれたみたいな、

そんな感じのこと。(わたしの場合)

わたしにとっての『青春ロス』。

 


卒業式なら前もってスケジュールがわかるし、みんながおんなじ体験をするから頑張れるけど、

女友だちの青春の終わりは突然くる。

「来夏は海外旅行か?!」なんて言ってた、

やんわりした約束がポカンとなくなる。

 


そりゃブルーにもなるでしょうよ。

「こんだけあんたとの時間が楽しいんだよ。」ってことにして、

友だちは友だちの、

自分は自分の生活をいくしかないよね。

 


なーんて言いつつ、

また50、60代になって、子育てが終わったら、ワーキャーしながら海外旅行してる

かもしれないから、

今はSNSからそっと、節目に奮闘する友だちを見守ることにする。

 

それで頻度は減っても、たまに会う!