叶う瞬間はごく平凡

ずっと結婚したがっていた、昭和なOLの話。

女友だちが結婚・妊娠するとブルーになるのはきっと「青春ロス」

お題「わたしの宝物」

f:id:hoshisarami:20210412001705j:image
ワンシーズン1回は遊んだり、

遠方でも帰省するタイミングで年一で会う女友だち。

 


久々に会っても昨日会ってたみたいに、

恋とマイブームと最近ムカついたことの話をして、わーわー騒いで美味しいものを食べて解散する。わたしの宝物。

 


30代になると、そんな女友達から

次々に妊娠・出産を知らされる。

そもそも結婚した友人とは、会う頻度が減るので、

半年ぶりに話そうもんなら「今6ヶ月で」なんてことはコロナ禍の今、ざら。

 


耐性もついてきて、

自分も大人になり、さすがにもう、人と比べて「どうしてわたしは?」と悩んだりしない。子どもができることが全てでもない。

 


ただ、友だちの妊娠を「おめでとう!!」「わぁ!見たい!」とその瞬間は大はしゃぎするけど、

夜になると

「もうしばらく遊べないじゃんかー!」と、

小学生のように身勝手なことを思ってしまう!未熟者はそう!わたし!

 

 

 

それはじわじわやってくる。

聞かされた時は満面の笑みで「おめでたいねー!」と言える。

でもひと寝かせすると

「徹夜してデザインを仕上げた大学時代の6畳一間」とかを思い出す。

f:id:hoshisarami:20210412001716j:image

次々に思い出す。
就職したての頃、

仕事の悩みを深夜1時過ぎまで打ちあけ合ったサイゼリヤのジャンクなメニュー。

 


「久々に温泉でも行こう!」と計画したのに

台風で運休になったサンダーバード

予定変更でスパ付きの京都のホテルにこもった夜。スーパーでお惣菜を買い込んで、部屋であいみょんのプロモごっこしたなぁ。

スパから外の景色を見たら暴風雨ですごくて笑った。

 

f:id:hoshisarami:20210412001723j:image
翌日、快晴の錦市場で食べた、きなこソフト。

 

 

 

そのときは当たりまえのように集合して、わーきゃーしてた。これがあと2、3年続くと思っていた。

 


「結婚する」「子どもを産む」と聞くと、

さすがにもう、台風の日にみんなでホテルに籠ることはないだろう。

 

 

 

「なんで友だちのお祝いごとなのに、ブルーになるの?」とずっと自己嫌悪してた。

 


わたし、友だちが好きすぎるのだと思う。

きもちわるいことに。友だちにも別の友だちがいるのは知ってる。

でも、どうも自分にとっての青春時代を一緒に過ごした友人が、大人になるステップを踏むとしばらくしょんぼりしてしまう。

 


これ、多分そんなに重いことでもない。

おそらく、卒業式の日とか、転職する最後の日とか、

なんなら

あまちゃん(2013)』が終わったときに「あまロス」って騒がれたみたいな、

そんな感じのこと。(わたしの場合)

わたしにとっての『青春ロス』。

 


卒業式なら前もってスケジュールがわかるし、みんながおんなじ体験をするから頑張れるけど、

女友だちの青春の終わりは突然くる。

「来夏は海外旅行か?!」なんて言ってた、

やんわりした約束がポカンとなくなる。

 


そりゃブルーにもなるでしょうよ。

「こんだけあんたとの時間が楽しいんだよ。」ってことにして、

友だちは友だちの、

自分は自分の生活をいくしかないよね。

 


なーんて言いつつ、

また50、60代になって、子育てが終わったら、ワーキャーしながら海外旅行してる

かもしれないから、

今はSNSからそっと、節目に奮闘する友だちを見守ることにする。

 

それで頻度は減っても、たまに会う!

生理痛が痛すぎるから男性はタマに装置をつける体験をしてほしい。

f:id:hoshisarami:20210323220554j:image

わたしは「生理軽い系女子」だったのに、

アラサーから「痛すぎて休む系オンナ」になってしまった。。。

 

1番つらかったのは、マカオ観光でカジノを冷やかしてるとき、

マジで痛すぎ&おまたの環境が異常事態に。

カジノのきれいなトイレへダッシュ

カジノで遊ばなかったけど、ちゃっかりトイレは借りてきました。ゴージャスだったなぁ〜。

 

 

それから、痛い月、痛くない月がほぼ交互にくるように。

あまりにも痛くてそもそも歩くのがやっと、仕事を休む…というところまできたので

「あかん。婦人科いこ。」と、婦人科に駆け込んだ。

 

待ってる間もお腹に鈍痛がギュムギュムきた。

待合室のイスでお腹を抱えてうずくまる。

「こんなに痛いなら女に生まれたくなかった」とまで思う。

男は男の辛さがあるだろうけど、

まず「月1生理痛がひどくて会社を休む心配」はない。

「ホルモンバランスが安定していれば、もっとフラットに仕事出来るのかな」「そしたらイライラしないかな」とか思ってしまう。

(イライラはわたしが短気なのもある)

 

 

診察の順番がきて、エコーで診てもらった。

会社の健康診断では、生理中だとこの検査はやってもらえない。

さすが婦人科!2日目でもやってくれる。

 

検査結果を先生がすぐ教えてくれた。

コロナ禍の診察室は、先生がすごく遠い。

3メートル先に先生がいる。その周りに看護師さんが並び立つ。

「わたしはオーディションを受けにきたのか?就活最終面接か?」と思っていると

 

 

先生はカルテを見て「問題ないですね!」とハキハキ言った。

病気はないと説明されて一安心。

低用量ピルで生理を軽くすることになり、

あれよあれよと検査が進む。

 

低用量ピルを飲むのは3年ぶり2度目。

なんとなくホルモン操作してるのが不自然な気がしてやめてしまったけど、

もうダメだ。

振り回されている。ここ一年のわたしは女性ホルモンに完全に振り回されている。

 

低用量ピルは血栓症のリスクがあるので、

婦人科ではきちんとその検査をしてから処方してくれる。

血液検査。血を取る注射は嫌だけど仕方がない。

そして看護師さんから一連の薬の説明を受ける。

結構事務的だけどていねいに細かく説明してくれる。賃貸を借りるときの契約書を「甲は乙は」と読む感じに似ていた。

 

心配ごとや質問があればこのとき全部聞く。

薬はMAX3ヶ月分しか出ないので、

必然的にこの婦人科に通うことになる…(面倒くさい)

そして年一で今日のエコー&採血のハッピーセットを受診する。

こうすればまた一年ピルが飲める。契約の更新のようだ。

 

ピルを飲み始めると最初の3ヶ月は生理が軽くなったことを実感でき、それ以降はメンタルもイライラも性欲も安定してくる。

 

生理のスケジュールがきっちりわかるので、予定を組みやすい。これは生理不順のわたしには大きなメリット!!

 

こんなに日常生活が送りやすくなる薬の、

1番のネックは価格が高いこと。

3ヶ月で7000円以上する。検査は1万弱。

なので、初回は2万くらいかかる。保険が効かないから。

 

 

眠らせている内なるフェミニズムが怒り出す。

「女性も働きやすくと言いながら、ピル保健効かんのかっ!日本っ!」

 

花粉症になりたくてなる人はいない。

PMS(月経前症候群)や生理痛だってそうや。

花粉症くらいの価格に下がって、花粉症くらい価格と副作用のバリエーション出ないかね。

 

 

男性の国会議員が、妊婦体験をしたニュースを見て「お!いいじゃん!」と思った。

妊婦さんの重さのジャケットを着て24時間過ごしたそうな。

「こんなので辛さがわかるか?」と叩く人もいると思うけどナンセンスだよ。

 

わたしはぜひ、妊婦さんや子育て世代だけじゃなくて、

現場の第一線で働く女性へのフォローもしてほしいと思う。

 

例えば「男性の両タマに緩やかに締め付けてる装置」を24時間つけて、

「ここぞ」と言う議会の場とかでギュムーっと

前屈みになるほど痛くなり、

それと同時に装置からドロドロの液体が股間にビャって出て、その日に限って蓮舫さんばりの白スーツを着てきてしまう体験。

 

男性はこれを聞いて「ヒャッ!」となるかもしれないけど、

生理痛重い女性はこの装置を子宮にダイレクト装備しているようなもんだ。

 

とにかく、ピルに保険を効かせてほしい。

じつは今、低用量ピルは飲んでないのだけど、

やっぱり友達や家族、同僚の女性が

ホルモンにふりまわされてるところを見ると、

「ワンシート700円くらいになってほしいな」って心から思う。

 

それをきちんと飲むか・飲まないか、

検査に行くか・行かないかは個人の取り組みと努力の範囲だと思うから、

まずは若い世代もふつうに買える程度の値段になってほしいよ。

 

 

 

 

 

『なんか幸せな土曜日』

f:id:hoshisarami:20210403160619j:image

f:id:hoshisarami:20210403160622j:image

独身で都内に一人暮らししてたとき、

予定がない土曜日は

さみしくてあんまりこんな風に思えなかった。

「結婚向いてたな」と思うし、

なんか幸せな土曜日のおかげで

2人の時間も楽しい。

顔合わせせずに入籍したコロナ婚

お題「ささやかな幸せ」

わたしは1年半同棲してた今の旦那さんと、

コロナ禍に入籍した。

 

旦那にプロポーズされた1ヶ月後、

実家に挨拶に来てもらった。

 

わたしの実家が三重県なので新幹線で行った。

2020年の2月、まだコロナが外国とクルーズ船の出来事だった頃。

 

マスクはしていたけれど、ふつうに実家の部屋にあがり、うちでケーキを食べた。

 

彼が父に挨拶した。

いつもグダグダしてた実家のリビングの、

ちゃぶ台が片されて父がドーンと座布団にあぐらをかいていて、彼の緊張感が伝わった。

 

彼が、結婚する旨を伝えると、

父が

「今どきの子が、こうしてわざわざ地方まで親に挨拶まで来てくれて、俺はうれしい。」と、

真っ直ぐ彼に伝えた。

父はわたしの方を見て、

「幸せか?」と聞いた。

こんなこと聞かれるのは初めてだった。

自意識過剰でクラスで浮いてた高2の頃は、

何度もこのリビングで「消えたい」と暴れてた。

 

同じリビングに、今、大好きな彼と

両親がいる。

 

消えなくてよかった。

「うん。幸せやよ。」と父に心から答えた。

声が震えた。

 

父は彼にも、

「幸せですか?」と聞いた。

彼は「はい。」と、答えた。

 

 

誰も「幸せにします」「幸せにしてやってくれ」「幸せになれよ」なんて言わない。

 

自分自身が「幸せに感じてるか?」を問う父。

やるやん?わたしの父。

だからわたしの父。

 

わたしはず結婚式やSNSで家庭を持って幸せそうに笑う友達を見て、ドカンとくるものだと勘違いしてた。

アラサーになり始めた26頃から突然。

 

でも、帰省するといつも、

そんなことはどうでも良くなる。

 

暖かい料理を食べて、気の知れた人とダラダラして、言いたいことを言って「またがんばろっ」って前向きな気持ちになれる日々。

 

幸せはドカンと派手な花火じゃなかった。

ゆるっとフワフワっとして、

日常的にホットカーペットのように温め育まれて、「今日の生姜焼きうっま!」くらいのささやかなもの。

 

「幸せか?」の父の質問と

結婚の挨拶。

 

彼の真摯な姿勢にも、

ちょっと感動した。

 

 

 

 

コロナ太り、顔合わせ、服なし

f:id:hoshisarami:20210326183003j:image

わたしはもともと服を選ぶのが大嫌い。

小学校のころから、母が選んでくれた服は「イヤー!キー!」といちいち癇癪をおこしていたし、

自分で選んだ服はどれも気に食わなかった。

 

中学は制服で落ち着いたけれど、

土日友だちと遊ぶ時の服は悩みのタネ…。

 

さらに高校は私服だったので、最悪。

服がダサくても人目は誰よりも気にするので、

茶やグレーの地味でお尻が半分隠れるくらいのパーカーに、ズボンばっかり履いていた。

 

大学生になって、やっとオレンジやグリーンの好きな服を着られるようになったけれど、今見てもちょっとダサい。スパッツばかり履いてるし、

謝恩会の写真はネコ柄のワンピース。

TPOを間違ってる。

 

 

服が楽しくなったのは本社勤務になるために

アパレルの売り場で働いてた時期だけ。

当時「森ガール」という、リンネルの先駆けになるゆったりな服が流行っていたし、

自分史上いちばん痩せてたのでなんでも入った。

 

で、いま。

 

ほとんど部屋着で過ごすコロナ禍。

結婚もしてモテる必要も無くなり、

どんな身なりでも可愛がってくれる彼がいる幸せ。

わたしは驚くほど服に無頓着になっていた。

 

あつ森のなかでさえ、服をほとんど着替えない。

何もないゲームの無人島で悟る。「わたしは服に興味がない」と。

 

無頓着だけならまだインプットすれば良いけれど、

物理的にサイズが合わない服もたくさん出てきた。

 

●顔合わせがピンチ

わたしたちは、顔合わせより前に入籍した。

コロナで遠方に両親が住んでたからだ。

 

本来、フォーマルでビシッとホテル会食をしたかったところ、

別のプランになった。

 

顔合わせの事前準備のひとつに「服装を揃える」てのがある。

わたしたちはいわゆる「スマートカジュアル」で伝えたのだけれど、これが難しい。

 

女性だとキレイめのワンピースでもokなのだけど、

今の流行りだと「キレイめワンピース」はだいたい丈が長くてテロテロの素材。

 

遠目にきれいでも

テロテロのポリエステルの布が

かなりの面積を占めるので実物は安っぽい。

 

スタイルがいい人がサラッときているWEB写真に騙されてはいけない。

zozoのモデルさんはみんな細い。

結局届いたZOZOのワンピースは返品することになったよ…。

 

 

 

 

 

 

生理のあとは、生まれ変わったんかと思うくらい体が軽い

f:id:hoshisarami:20210323215213j:image

昨日は、まる一日生理痛でつぶれた。

痛すぎて起き上がれず、会社を休むことに。

 

あのまま無理して出勤しても、どうせ集中できずにミスばっかするし!

 

で、本日。

 

体が軽ーーい!!!

世界が明るくなって、顔は浮腫が取れて、

経血とともに、体の中身がまるごと生まれ変わったのではー?!と思うくらい別人の体のよう!

調子がすこぶる良い!

 

それにしても、もうちょっと小分けにならんかね、血。

多いと痛いのよ。マジで。なんなん?

 

 

10代-20代中盤まで「生理わりと平気女子」だったのに、

20代後半から急に重くなり始めて、

今はでは低容量ピルなしでは3ヶ月に1度は寝込むほど痛い…。

 

でも今、お子が授かりたくてピルやめてるから、

生理をコントロールできんの辛っ。

 

昨日は

「妊娠もしないわ、ギュンギュンに痛むわ、

まじなんなん子宮‼︎ おい!いい加減にしろっ 役目果たせや」って子宮に言い放ったりしてやりすごした。

 

 

今朝はまだ歩くとおなかの痛みが気になったけど、前屈みになるほどではなくなって、

気持ちは超明るく改善!

 

いつもこうならいいのに…!

ホルモンに振り回された3日間だったなー。

 

まさかわたしが浮気された?!発見直後のベストな立ち振る舞い

前回までのあらすじ

f:id:hoshisarami:20210316125347p:plain
彼氏のデジカメを見たら
知らん女がおった。


f:id:hoshisarami:20210316130039j:plain
発見当時どんな状況だったかというと、あいつの家に1人だった。
デジカメを見たのはすまんかったよ☆
だって疑ってたから!
とりあえずLINEに「話があるからよろしくー」と送る。

ここから先はもう、思い出したくもない。
よく覚えてもないし、心はぐちゃぐちゃなのに、泣きもせんかったような。
「大好きな人が浮気してるかもしれない。別れたくない。負けたくない。
良いオンナの振る舞いをしなきゃ…」

f:id:hoshisarami:20210316130043j:plain
わたしは「これなんなん?」と問い、冷静を装って
淡々と仲直りしたつもりでいた。
これがいけなかった。

嫌悪感に-包まれる-OL
帰りぎわ、今まで味わったことのない嫌悪感に包まれた。
「なぜ行った?写真撮った?」
それだけ。
彼女がいるのに。女の子とデートに2回も行くか???

あれ? わたし彼女じゃなかったんか?
いやいや、わたしの友達に会うとき
彼氏-ワックス-かっこつける
ってナルシスト発言してたしな。
友人にも「彼氏」として会ってたし…。


●当時をふりかえって

「わたしは浮気するような男性を選んだりしないわ」と
たかを括ってる女が、初めて浮気された場合、
直後のベストな立ち振る舞い………なんて、できるか!!!

なんもできないんですよ。
結局。

だって子どものころから仲の良い両親を見て、ティーンもまともに恋愛し、
ちゃんと愛されて育ってきた自負があるんだもの。
「わたしが粗末に扱われる」なんて認めるのは、プライドが許さなかったんでしょうね。

自分をもっと見えてたら「あー。無いわぁ」ってその場を立ち去ることができたのに。

これがアメリカのドラマで、フランクな親友がいたら、
「あんな奴、あんたにはもったいないわ」「そうよねっ」って次に行くんだろうけど、
「そうよねっ」ってならないの!

なぜかって? え?!
プライドは高いのに自己肯定感が低かったからだよっ!!!
嫌悪感に-包まれる-OL
▲感情を呑み込んだ帰り道、自己嫌悪に襲われる。


恋人なのか-わからない-発言
▲恋人と認識する瞬間がまどろっこしい
「大人は告白なんてしない」なんて言う人もいるけど、
「大人こそちゃんと告白したほうがええ!!」とわたしは思う。

スタートからこんな曖昧な、高校生の少女マンガみたいなはじまりは、
この後も大事なことをぼやかされるフラグですからね。

「真剣におつきあいしませんか」という意思表示は、
結婚適齢期を意識する女性へのマナーでしょうよ。
ロクでもない男は、こうゆうフワッとしたこと言いやがるので要注意。

●まとめ ベストな立ち振舞い=見切ること

正常なメンタルか、人生経験豊かなアラサーならここで「あー。無いわぁ」って
パッと切り捨て、
男のバカ発言をスクショして仲良しグループラインにお焚き上げして
女全員からの「ないわー」を浴びせ、笑って次にいくのが正解。

わたしは自身がないから「無いわぁ、まじ無い。(引き気味)」と友達に言われても
「でも彼は」って
擁護し、執着の嵐!だった。

自信はないのに人を見る目はあると自負してた。
「人を信頼するのはあたりまえ」で生きてきた。
どちらかといえば人懐っこい性格だし、
人間関係をパッと切り捨てるようなことは良いことではないと思う。

でも、世の中には「自分の利得のためだけに動く人」もいるということを、
この頃のピュアネスお花畑オンナ(=わたし)にアドバイスしてあげたい。


「彼はそんな人じゃない!きっと!」と思っている乙女よ!
わかるぅ〜〜〜!わたしだって信じたいよぉぉぉ

でも奴らは巧みに「俺への信頼」を利用してくるよ!
それでも一緒にいたいなら、
わたしと一緒に、モラハラ男のとなりをキープする日々を
迎えようじゃないの!

hoshisara.hateblo.jp